アクセスランキング

ふう@上海しぶちん生活

   ~ 一生懸命生きてます ~ (仮)

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

救急救命《前半》

ども、新型ウィルス「豆大福インフルエンザ」です。


話はさかのぼりますが、
(って、いつもさかのぼって毎日書いてるように操作してるけど)
上海に来て間もない頃、高熱を出して病院にお世話になったことがありました。


ちなみに、会社で海外旅行者保険のようなものに入っているので
お金はかからないんですが、
体調を悪くした時は、さすがに金よりサービスを求めます。

今年の3月ごろに
どうにも鼻水やら熱が出てきて
まあ、ただの風邪だろうと思い、いつもどおり寝てれば直るだろうと
1日会社を休んでうちで休んでいたんですが
深夜になって急にものすごいオカン、
いや悪寒に襲われました。

38度くらいだったのが
38.5度、39度とどんどん上がっていく。
39.5度を超えてもまだ止まらない。

歴代発熱最高記録をブッチ切り、もはや独走体勢。
「記録は破られるためにある」とどこぞの偉い人が
言っていたとかいないとか。

もうろうとする意識の中で、
なんとか日本人スタッフが24時間常駐する病院案内に電話をする。

電話の先の女性スタッフが日本語で症状を伺う。
「調子はどうですかー?」
「辛いですかー?」
そりゃしんどいから電話してるんだろうぅ。
救急車を呼んでくれと言うと、
それなりに名の通ってるマンションなのだが
住所をちゃんと言ってくれと言われ、
日本語読みや中国語読みで説明するが
なかなかわかってもらえない。
かったるくなって、半ギレで自分で行くわゴルアアアアと答える。

ということで、なんとか明朝からやっている
日本語の通じる病院を教えてもらう。
こういうときにFAXなるものがあるとすごい便利なんですが
うちにはそんな気の利いた高機能マシンなぞ置いてなく、
仕方ないから地図を広げて探す。

中国で普段行かない場所を言葉で教えてもらうときって
地図自体は中国語で書いてあるので、
探すのがすんごくしんどい。

ヨメは中国語まだ全然できないし、
自分も手足がプルプル震えてきて、頭もボーっとしてきてる。
そんな状況でもなんとか場所を聞き出し、
着の身着のまま、頭はボサボサ、ケツ毛ワッサーで病院に向かう。

大抵、案内される病院って国際医療部のようなものがあって、
普通の入り口とは離れたところに専門の受付がある。
かつてヨメの調子が悪いときに行った別の病院でも
やっぱり迷子になりました。
今回もお約束どおり普通の外来に行ってしまい、
40度近くの熱で30分くらいアヘアヘ言いながらさまよった。

で、なんとか到着したわけですが、
なんかナースに日本語があまり通じない。
とりあえず、されるがまま、体温計と血圧を測られてみた。

診察室のソファでぐったりしながら医師を待つことさらに30分。
そういえば医者は中国語で「大夫」。
旦那は中国語で「丈夫」。
「ヨメよ、全然『大丈夫』じゃないダンナを頼んだぞ」とか
気まぐれに言ってみる。

ようやく日本人医師が登場。
・・・と思いきや茶髪の大学生風の日本人あんちゃんが登場。
おかしい、27才の自分より明らかに若い。
君はきっと日本を代表とする若手のホープとして
期待されてこの地に来ているはず!
さあ、俺を治しておくれっ!
・・・と思ったら、ホープ血液検査だけ。

さらに待つこと15分。
本当の医師が登場。
中国人だが日本語をしゃべれる先生で一安心。
ちょっとカタコトなのはご愛嬌。
っていうかその先生、顔がワンナイなんとかに出てくる「轟」に似てる。
雨上がり宮迫ではなく、轟に似ている。
それは愛嬌が過ぎる。ギューンっ
なんか目に力が入りすぎてる。ギュンギューーンっ

その先生は神戸に10年いたという話だったので
「轟に似てますね」とか言ったら絶対怒られると思って
言うのはやめておいた。
ちなみに、後でヨメに聞いたらヨメも同じように思っていたらしい。

一通り診察も終わりベッドに寝かされ、
点滴や注射を打たれる。
この頃で朝の8時くらい。・・・だったような気がする。

しばらくして、まだゼハーゼハー言ってるため
レントゲンを撮ろうということになり、レントゲン室に移動。
ちなみにレントゲンは中国語で「X光」。
英語中国語がまざっていてよくわからない。
何かの必殺技の名前のようだ。


レントゲン室に入って、またカルチャーショック。
床が抜けてる。
普通こういうのって放射線が漏れないように
部屋自体が精密に管理されているはず。

もうどうにでもしてくれという感じで
ナイキの真っ赤なハイテクスニーカーの中国人あんちゃんに
レントゲンを撮ってもらう。

既に、この時点で日本語をしゃべれる人は一人もいない。


なんとかベッドに無事生還し
ヨメが見守る中、眠りに就く。



次回「病院食編」に続く
      ↓
人気blogランキングに1票
スポンサーサイト
  1. 2005/06/25(土) 22:48:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fkfilm.blog17.fc2.com/tb.php/64-38fdab05

【注意】
 当ブログは、転載、引用、
 リンク、紹介等について基
 本的に自由ですが、第三者
 がどす黒い気持ちにならな
 い程度、かつ法律に触れな
 い程度にやって下さい。
 スパムTBは勘弁して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。