アクセスランキング

ふう@上海しぶちん生活

   ~ 一生懸命生きてます ~ (仮)

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不倫のお誘いの件

全国のブログ好きの皆さん、お待たせしました。

ようこそ三流ブログへ。

「しぶちん生活」初の食いつきっぷりを記録したテーマ
『インターネットの掲示板に載せた
 嫁の友達募集告知への不倫のお誘いメール』
を遂にまとめました。

※若干、前回の告知の時とフレーズが違いますが気にしないで下さい。


いやしかし正直驚きました。
告知した日はランキングへの投票クリックをしてくれる方が、
普段の3倍以上いました。

なんかこのブログを開設してからはじめて
人間の暖かさというものをダイレクトに感じた気がします。
ありがとうございました。

なんか、インターネットの場だと、楽しんでもらえたかスベったか
反応がわかりづらいんで、正直に言うといつも結構テンションは低めです。
貴重な感想を下さる、わずかな心優しい方のコメントが励みでしたし。
ということで、本人の予想外に応援して頂けましたので
皆さんの青白く燃ゆる欲望を満たすべく急遽UPさせて頂きました。

ちなみに今回の内容については、メール送信者の実名を出して
彼らをさらし者にしよう!というつもりでUPするわけではありません。

上海に赴任が決まってから
僕は会社で日本語に触れる機会が多いので良いですが
ヨメは知り合いなんて1人もいないので、
ものすごくさびしい状況に陥ってしまうと心配しました。

さらに、今住んでるのは浦東新区という日本人が少ない地区ですし
しかもマンションも白人ばかりです。
でもって子供もいませんから公園でお知り合いに・・・、
なんてことも、さらっさら期待できません。

なので、真剣にすがる思いで、
上海の日本人向け情報サイトの掲示板に
女性の友達募集の告知を載せました。

で、その告知に対し、お誘いのメールを書かれる男性の皆さん、
ほとんどのお宅は旦那さんがパソコンの管理者ですし、
有象無象のインターネットの掲示板で
奥さんのプライベートアドレスを用いるとは決して限りません。
というか、むしろその方が少ないと思います。
我が家も僕のアドレスで登録し、
女性からのメールだけヨメに転送してます。

そんなわけで、うちの場合は、
まず最初に僕のところに送られて来ています。

で、最初に言わせて頂きたいんですが
せめて、相手に表示される送信名だけは適当なものにしてくださいね!
仕事でたまたま名刺とかもらっちゃったら
僕すんごく気まずいですから!


別に、僕とて生まれてこのかた蟻も殺さぬ聖人君子なわけじゃないですし
上海でカラオケ小姐(ねーちゃん)と遊んだりするのを否定はしません。
もちろんそれらはビジネスとしてギブアンドテイクが成り立ってますし。

ですが、こうやって送られてくるメールは手軽に日本人女性を捕まえて
しかも、「女性の方で」って限定している人妻とあわよくばヤってしまおうっ
みたいな下心が見えて、その根性が非常にどうかと思うんです!

「いってらっしゃい」とか「おやすみ」とか日々の決まり文句の度に
チュッチュ、チュッチュしてるうちのヨメの貞操権を侵害しようものなら
こちとら日本を代表する弁護士事務所に駆け込んじゃうもんね。
上海にも進出してるところだもんね。すごいんだぞ。
こっちの精神的苦痛もすごいんだぞ。
損害賠償も、請求される側の支払能力や社会的地位によって全然変わるって言ってたもんね。


ということで前置きが長くなりましたがいざ本編です。

前述した通り、送られてくるメールのうち
60%は女性、9%は訳あって奥さんの代わりに送ってくださる男性
30%は男性、1%は怪文書
という構成になってます。

送られてくるメールのうち
オーソドックスなパターンは概ねこんな感じです。
※完全に原文のままだと問題になりやすいので若干変えてます。


>友達の募集は女性だけですか?
>私は○○歳の男性です。男性じゃダメですか?
>もし男性でもOKなら、是非お知り合いになりたいです。
>連絡頂けると嬉しいです。
>宜しくお願いします。


こんなのが最初に掲示板に載せてから
半年以上経った今でも送られてきます。

また、30%の男性のほとんどは
冒頭に「男性じゃダメですか?」という枕詞を付けていらっしゃいます。
もちろん、誰が見ても女性限定とわかるように募集告知を書いているのですが
このフレーズ、もしかして流行っているんですか?

なんかもうそういう方々に対しては・・・、










「ニコッ」



としか言いようがありませんよね?


さらにどうにも返答のしようのないメールがまだまだ続きます。


>私は○○に住んでおります。
>男ですが私話し相手の異性を探しております。
>いかがでしょうか?



ヨメは異性を探しておりません。



>4X歳の男ですが、私ではダメでしょうか? 
 お食事でもいかがですか?



食事には困ってません。



>私はそこそこ日本語が喋れる日系企業に勤めている中国人男性です。
>よろしくお願いします。



立派に日本語が喋れているので他をあたってください。



>どもども♪2X才の日本人男性です^^
>あっ男性はダメですかね^^?
>けっこう仕事が暇で時間をもてあそんでます・・
>んー男ですがよかったら連絡下さい。
>ではでは♪ヨロシクです^^



「♪」とか「あっ」とか「んー」とか「^^」とか、
かわいく言ってもダメなものはダメ。

もっと仕事をがんばって下さい。



>どの辺に居ますか?


     


本当にこれだけでした。
どうしたいんだか、情報が全く伝わってきません。

※僕のアドレスは他でも使ってるのでもしかしたら別クチかもしれませんが、
 女性の方で、ヨメの友達になって下さる方ならまたご連絡下さい!




最後は、マイベストです。



>僕は上海に来てX年です。
>単身赴任で来ています。
>よろしければひまつぶしに返事下さい。
>結婚の先輩として色々便利ですよ。
>プロフィール
>身長 XXXcm
>体重 XXkg
>年齢 4X歳(見えませんよ)
>既婚 妻一人 子供X人
>容姿 佐藤浩一


アピールしすぎです。


これはいじり甲斐がありすぎるので、
懇切丁寧な解説が必要だと思います。


身長とか体重とかどうでもいいです。
年相応に見えようが見えなかろうがどうでもいいです。
何が色々と便利なんでしょうか。
結婚の先輩は両親を含めていっぱいいますが、
せっかくなんで家族ぐるみで結婚の先輩として話を伺ってもらいたいんで
奥さんのアドレスも教えてください。


で、皆さん気になさってると思いますが、

>容姿 佐藤浩一

僕の知り合いに佐藤浩一さん似の方はいらっしゃらないので
とりあえず、ブログに安心して書けますが、
先方は男前と自負しているのがわかります。(下図参照)







今回検索して初めて知りましたが
本物の俳優の佐藤さんは僕と誕生日が一緒です。

え?そんなことはどうでもいい?
ですね・・・。
おっしゃる通りです・・・。




・・・。




・・・?



・・・あれ?






       あーーーっ!!!


俳優の佐藤さんは、「浩一」じゃなくて「浩市」ということが判明。
                            (予想外の展開)

ということは、もしかしてニセ佐藤氏は、
そもそも「コウイチ」ではなくて「ヒロカズ」と書いていたのか!?

というか、そもそもその人(浩一)って・・・、





  誰?





僕は荒ぶる探究心を抑えきれず
Googleで検索してしまいました。

この時点でニセ佐藤さんは送信先の僕のハートを鷲づかみです。
ヨメに直接送られていたら危なかったかもしれません。

ということで、検索結果が出ました。
本物の佐藤浩市氏の非公式ファンサイトの二つ下に
オフィシャルウェブサイトっぽいのを発見しました。

「佐藤浩一 Web Site」

もちろん有無を言わさずクリックしました。
出ました!
これがうちのヨメをたぶらかそうとする
御ん年40を超えるニセ佐藤氏の容姿です!










【プロフィール】佐藤浩一 (Koichi Sato)
 1983年9月3日生まれ。 5歳から、ヤマハ音楽教室でピアノ・エレクトーンを習い始める。
 16歳で、クラシックピアノからジャズピアノに転向。
               ~(中略)~
 サックスアンサンブルを前面に出したジャズ・フュージョンバンド「Generation GAP」などで
 ライブ活動を行う傍ら、ポップス「龍」のサポートなど幅広く行い、そして自己のトリオで活動中。
 2005年浅草ジャズコンテストのバンド部門で「宮里陽太Quartet」がグランプリを受賞。


なにやらプロで音楽活動をしている青年だということが判明しました。

・・・ん?

えっ!?

83年生まれ!?


うわっ、若っ!!


ニセ佐藤氏の「年齢 4X歳(見えませんよ)」
確かに嘘じゃなかったようです。

さらには、敵はかなりの音楽通と見えます。
それに引き換え僕なんか、たて笛とアルト笛くらいしかできません。
小さい頃から楽器を習ってたヨメが見たら、それこそメロメロです。

恐るべし「ニセ佐藤」・・・。




ということで、僕は非常に怒ってます!



なんにせよ、うちのヨメに手を出したら・・・








「ね♪」







皆さんもこのようにならないよう、
掲示板で友達募集をかける時は本当に注意してください。

女性の友達募集をかけたいご婦人は
「女性限定、男性はお断り致します」とはっきり書かないと
後で痛い目を見ると思います。

一方、その気のある人妻と仲良くなりたいという殿方は
よっぽどのことがない限り、相手の旦那さんも見ているので
うかつにメッセージを送らない方が身のためだと思います。
僕はやりませんが、是が非でもというなら自ら掲示板で募集をかけた方が
うまくいく確率は高いと思います。



ということで、情報系ブログだけに
役に立ちそうなことを言ってまとめてみました。
どうでしょう?


おしまい。



結構ギリギリのラインまで来ちゃってドキドキ
         ↓
人気blogランキング
スポンサーサイト
  1. 2005/07/17(日) 20:43:07|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fkfilm.blog17.fc2.com/tb.php/46-c556ad3b

【注意】
 当ブログは、転載、引用、
 リンク、紹介等について基
 本的に自由ですが、第三者
 がどす黒い気持ちにならな
 い程度、かつ法律に触れな
 い程度にやって下さい。
 スパムTBは勘弁して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。