アクセスランキング

ふう@上海しぶちん生活

   ~ 一生懸命生きてます ~ (仮)

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このコンビニヤロウ!

ども。

この前、NHKの海外放送を見てたら日本語教室をやってたんですけど、
「日本語は同じ音でも意味が違う」という講座で画面に下の様に大きく表示されていました。



四 → 死 (し)

根 → 寝 (ね)



サブリミナル効果かな?


ふうです。


シャレ抜きで製作者にストレスが溜まってたんでしょうか?
ワールドワイドでどんな情報飛ばしてんねん。


さて、また例によって遅い更新で恐縮です。
この1週間近く何をやってたかと言うと、別に普通に生活してたわけなんで言い訳の書きようがないんですけど、今日は上海っていうか中国のコンビニがテーマです。

こちらは上海はコンビニが腐るほどあります。っていうか商品も半分腐ってます。
本当は本を引っ張り出して、ためになるウンチクでも書こうかと思ったんですけど、これもまた見つからなかったんで書けないんですけど、とにかく色々あるわけです。

ローソンとかファミリーマートとか日系コンビニついてはゴレンジャーの時にうっすら触れましたけど、どローカル系コンビニももちろん存在してます。
結局のところ日系とローカル系の違いってそれほどなくて、若干日系の方がきれいかな?というぐらいです。ローカル系コンビニがきれいとかではなく、日系コンビニが日本にあるものよりちょっとアレなだけなんですけどね。

ちなみに、以前あまりに暇だったために敢行した緊急企画のsalemはどこまでsalemか?の時に、有名どころはだいたい書いてます。
店名の付け方がおもしろいなと思えるのが、「快客(英名:QUICK)」とか。中国語での読み方も強いて書けば「クワイク」で、中国語の意味も「快」も「早い」という意味で、「客」はだいたいそのまんま。
ちゃっちゃっ、ちゃっちゃと客をさばいてくれそうなイメージですよね。いや本当の意味はわからんけど。
「早い客」ってストレートに訳すとちょっと卑猥ですけどね。

で、店によりですが僕がローカル系でよく使うのはだいたい下の二つです。

可的

好徳

自宅の周りだとわりかしきれいな店舗が多いんですよね。


で、ローカル系スーパーも周りにはあるんですが、便利さと近さで僕の場合はコンビニ行く方が多いです。しかもコンビニの方が商品の回転が速いですし、商品がホコリを被ってることが少ないんです。

だもんで、以前書いたどうみても有名な『家楽福(カルフール)』と『家得利』をパクったとしか思えないこんなスーパーなんて、

コレ





もしかしたらご奇特な紳士淑女の方々は本物を探されたかもしれませんが、ぶっちゃけオープン後ものの2ヶ月で無くなりましたからね。
商品の回転より店の回転のほうが速かったわけですね。あれ、なんか今うまいこと言いました?

スーパーの店名をパクってコンビニを開く意味がわからんとかいうツッコミがあったのかどうかは知る由もありませんが、ついにここも改装してコンビニになりました。
僕のお気に入りの『可的』『好徳』ローテーションを崩すことができるのでしょうか?


で、満を持してオープンしたのがこちらです。


          





そんな、あほなーー




本当に同じところ


もうね、ビックリを通り越して呆れてもう1回ビックリした。
日本で言うと、「セブンクス」とか「ファミリー・ストップ」とかですよ?
そりゃ手にした羊肉の串焼きを落とすし、ウィダーインゼリーみたいな豆乳パックも握りつぶす勢いですよ。
いや、歩き食いは一切しないですけど本気で一瞬自分の視力を疑いましたもん。「本気」と書いて「マジ」と読むっていうか、「真的」と書いて「マジ」と読むくらいビビった。

でね、それだけじゃなくて、近づいたらもっとビビったの。




家得福連鎖?


つまり『』のチェーン店ってことなんです。

どんなチェーンやねん。

改装する費用を考えたらどうみても前のままでいいですし、を前に出す理由もわからない。

さらに今こうやって写真を編集してて気付いたんですが、

どっちも『No.008』号店なんですよ。何?末広がり?商売繁盛?

謎が謎を呼び負のパラドックスに陥るだけなんで考えるだけ無駄なんですが、
これはもう今度は潜入調査を仕掛けるしかないですね。



恐るべし魔都上海。


(続く)




たぶん。





「突入せよ」という方は-
     ↓
人気blogランキングに1票


スポンサーサイト
  1. 2005/12/14(水) 23:19:48|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【注意】
 当ブログは、転載、引用、
 リンク、紹介等について基
 本的に自由ですが、第三者
 がどす黒い気持ちにならな
 い程度、かつ法律に触れな
 い程度にやって下さい。
 スパムTBは勘弁して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。