アクセスランキング

ふう@上海しぶちん生活

   ~ 一生懸命生きてます ~ (仮)

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーニバール!

ども。

カーニバルとフェスティバルの違いって知ってますか?


ふうです。


ということで、この前の土曜15日の昼過ぎに遊園地に行ってきました。
すいませんね、1週間も遅れた日記で。

根本的に遊園地って言っていいかどうかは不明ですが
ちょうど今月号のフリーペーパーの上海ウォーカーで
軽く特集が組まれている『国際嘉年華』だかなんとかという場所です。
なお、嘉年華(ジャーニエンフア)とは『カーニバル』の当て字だそうです。

場所ですが、心のオアシス浦東の、HSBCタワーの裏っ側にあります。
HSBCタワー最寄の交差点まで行けば
なんかめでたそうな場所が見えると思います。
速度がおもしろいようにコロコロ変わる観覧車もあるので
きっと見つけられると思います。

こんな感じ。
  ↓
けっこうでかい

気になる料金体系ですが、入り口で入場券兼乗り物券として
おとな1人50元のチケットを買います。
で、そのチケットで中に入ったらプレハブの様なほったて小屋で
1枚5元のコインに換えます。
ということで1人最低10枚のコインを確保するわけなんですが
それぞれのアトラクションの乗り場で、
それぞれ定められている必要枚数を渡して乗ります。
コインが足りなくなったらまたほったて小屋で買い足します。

おもしろげなアトラクションだと1回1人8枚(600円弱)とか。
平均するとだいたい1回6枚(400円強)とかです。
中国なのにこんな値段なんで、ぶっちゃけ安くないです。

1日フルに遊んで10個の乗り物に乗ったとしたら4000円はかかりますね。
僕の中国語の先生も400元(5000円強)使ったって言ってました。
黒いネズミのいるところと大して変わりませんがな。

けどそんなんでも現地の方でにぎわってたから不思議。
特に若い子が多いの。とにかくその日はカップルが多かった。

肝心のアトラクションについてですが、行く前は100%中国製造の
別の意味でスリリングなもんばっかかなと思ってなめてました。
が、海外から持ってきたっぽいような感じで、
予想外にでかくてしっかりしたが多いのなんの。
機械でユーロなんとかとか書いてあるし、
アトラクションにはり付いてる管理スタッフも
白色系・黒色系の胸毛が濃そうなどう見てもアジア生まれじゃない人がほとんどです。

なもんでジェットコースターとかでコースアウトはしないと思います。たぶん。
僕が行ったときにジェットコースターが運行停止してたのも
たまたまだと思います。うん、たまたま。
排水溝のフタとか転がってきたりもしないと思います。


左側の1って書いてあるほったて小屋がコイン交換所。
左奥の黄色いのがジェットコースター。
        ↓



『国際』を銘打つだけに、なんかその辺は海外の企業と関連があるんでしょう。

その辺の管理も輸入式だと思うんで、いやらしい話ですが、
お金さえあれば大人でもそれなりに楽しめると思います。

ちなみに、残念ながらトイレは海の家にあるような仮設ので、
1回につき1元盗られます。


他に会場内は屋台とかぬいぐるみ売り場とかもあり
楽しげな雰囲気を醸し出しております。

その売店では、なんか知らないですけど、
頭につけるカチューシャに豚の耳が付いたようなやつとか
使用済みのアレみたいなヒョロっとした帽子とかが売られており
現地の方々もかなりお気に召されたようで、
みなさんニコニコしてかぶっておられました。

結局、そのミミガーなどがいったい何のキャラのだったかは不明。


あ、そういえば、カチューシャでこういう耳の形のもありました。


  
    
『 ● ● 』



絶対アレですよね。


いいのかな?



ぬいぐるみもこんなんがいました。
   ↓
「やあ♪」


これもアレですよね?若干ラリッてますが。

いろんな意味でスリリング。


アトラクションの感想ですが、
僕とヨメが行った日は若干うちのヨメがデリケートだったし
大き目のアトラクションは結構込んでたんで
1人コイン6枚のサーカスだけ見ました。

雑技団のいる国でなんでわざわざサーカスやねんって話ですが
その辺は気にしないで下さい。
本人もコインを払ってから気付いたんで。

結構大き目のテントで、300人くらいは入りそうでした。
で、最前列を見事キープ。
とかいって全部で30人もいませんでしたけどね。

開演すると、雑技とはうって変わって
テンション高めのヨーロッパ系のギャルとマッチョが続々と登場。
なんかヨーロッパ系の言葉をしゃべってた。

こんな感じの愉快な人たち
      ↓


いやはやしかし、人種が変わると雑技も雰囲気が変わって
これはこれでおもしろいですね。
最前列に座ったんで露出過多の金髪ギャルへの目のやり場には困る困る。
「うわっ、あれ絶対Tバックだって。」
とか盛り上がった日にゃヨメに絶対怒られますしね。


テンション高め
   ↓



アジア人とは違ってガタイのいいやつらの雑技を見るのは初めてだったんで
僕的にはわりかし楽しめたんですが、悲しいかな現地の方にはそんな受けず。
雑技団がいるからしゃあないっすね。

あ、でも子供は大喜びでしたよ。
出し物のうち、会場の子供を2人引っ張ってきて棒につかまらせて
演者がぐりんぐりん回すみたいなのがあったんですけど、
子供も今にも泣きそうな顔してましたし。
地獄を目の当りにした様なすんげー顔で引きつってた。
あまりの形相になんかひいた。

あと、ファイヤー・リンボーダンスもありました。
僕見るの初めてだったんですが、すごいですね。身体柔らかいっすねー。
最後の方は30cmくらいの高さでやるんですが、
ダンサーの天然パーマのあんちゃんがすれっすれの高さで
たじろぐことなくガンガン攻める攻める。
ファイヤー・リンボー感激ですわ。
ホント何がすげーって、
頭が燃えてましたから。

やっぱ、燃えるもんなんですね♪(なぜかちょっと安心)

ということで、今度は空いてる夜にでもまた行こうと思います。


では現地で会いましょう。

ゆかいな仲間達も待ってるよ!







へば。



場外ですが、「● ●」のぬいぐるみも売ってました。
       ↓
人気blogランキングに1票




スポンサーサイト
  1. 2005/10/21(金) 11:18:08|
  2. 情報系 《遊び》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【注意】
 当ブログは、転載、引用、
 リンク、紹介等について基
 本的に自由ですが、第三者
 がどす黒い気持ちにならな
 い程度、かつ法律に触れな
 い程度にやって下さい。
 スパムTBは勘弁して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。