アクセスランキング

ふう@上海しぶちん生活

   ~ 一生懸命生きてます ~ (仮)

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツンデレ

ども。

土曜の夕飯は柿ピー。
日曜の夕飯はカップラーメン。


悲しくなんかないですよ?

皆さんが思ってるほどは。


ふうです。


さて、パソコンの壁紙がいっつも自分の写真の
僕の中国語の先生(彼氏無し)から聞いたんですが
こちらでは結婚式をやった直後に、新郎新婦とその友達とで
新居に行って騒ごーぜ、って慣わしがあるそうな。

ちょっと前に式を挙げた者としては、
いいかげんもうほっといてくれよ、って言いたくなるほど
迷惑なること火の如しな慣習ですが、
何やらその時にやる面白いゲームのようなものがあるそうな。

最初は新郎新婦とその仲間達で楽しそうに
「新居いいねー」とか「新居綺麗だねー」とかとりあえず褒めてみたり
「なんだか新婚っぽいねー」とかごくごく当たり前のことを言ってみたり
和気あいあいなムードで進行するそうなんですが
最後に皆が帰る直前にそのゲームは始まるという。

先生の説明だと、まず最初に新郎新婦で服を着たままベッドに入り布団をかぶる。
そして皆で「1まーい、2まーい」と声をかけ、
お互いがそれぞれの服を脱がしいくそうな。
イメージからするとまさに運動会の玉入れのファイナルの時だ。
先生もニッコニコでそんな感じの身振り手振りで説明してた。
でもって最終的には全裸になるまで服を放り投げるという。
全裸になったらその会は終了ってことで、友人連中は散り散りと帰っていく。

で、友人が帰ったら何が始まるかというと言わずもがなのアレが始まるそうな。
みなまで言うのもヤボってものだが、「セ」で始まって「ス」で終わる
男と女のラブゲームだ。
っていうか鍵が閉まってなくね?ってとか思わないで欲しい。
おそらく新郎がフルチネスで閉めに行くのだろう。

ま、僕の場合は礼儀正しいから、ゲームが終わっても
玄関先で友人達を一人一人両手で握手して見送りますけど何か?
いつかうちの中国人スタッフの結婚式にも行きたいもんです。


では本日最後にもうひとつ、最近僕が見つけた上海の法則を紹介します。

最近知った言葉なんですが、
日本のマニアックな方々が使う言葉で「ツンデレ」というものが流行ってるらしい。
意味を調べると、
普段はツンツン、二人っきりの時は急にしおらしくなってデレデレといちゃついてくる”
ようなタイプのヒロイン、あるいは、そのさまを指した言葉である。
大まかに言って、無口で非社交的なタイプと、プライドが高くて活発なタイプの2通りが存在する。

引用:はてなダイアリー



おおっ、ということは以前書いた様に
上海人の女の子ってまさにツンデレじゃね?

その手のアニメとかを上海男児に売ったらきっと儲かりまっせ!

どうでしょう?一緒にツンデレビジネス始めませんか!



へばまた。




「むしろSM業の方が儲かる」と思う方は-
        ↓
人気blogランキングに1票


スポンサーサイト
  1. 2005/11/13(日) 22:58:14|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

パクパク (BlogPet)

昨日、??が
タイトルから想像して、上海の小姐とのあられもないアレを期待された方にはすいません。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「????」が書きました。
  1. 2005/11/04(金) 10:48:29|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

黒棒 (BlogPet)

前は中国でいいです当て字とか出たの♪
チンチンは、北京で世界などを注目したかったのは「No.1ってお兄さんずいぶんな言い様じゃない?」
実際のところは北京で検索してあくまで人力だとかをクラックしたかったもので「ヘイバン」
と読みます
前はふうと、棒というより玉という方が近い
黒玉が二つとか
おうおう、No.1票注記:
中国語で女の子と、最初と思った!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チンチン」が書きました。
  1. 2005/10/13(木) 09:05:49|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ・バカ一代

【下ネタ撲滅キャンペーン中?】


ども。

引き続き下ネタ抜きでお届け致します。

ふうです。


では、下ネタ撲滅キャンペーンも残すところあと2,3日ということなので、
今日は仕事の話でも・・・


・・・。






・・・?







!!!!





--------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------




・・・えっ?





僕が普段登録して、チェックしてるのはこちらのランキングです。





でもって、8/28,AM1:00現在の状態は-



参照


です。


そう、何も問題はないです。


っていうか、なかったはずなんです!


・・・が、


問題のランキングはこちら-







そうです。
「地域情報(アジア)」カテゴリーの上に、全ての海外情報をまとめた、
「地域情報(海外)」なるカテゴリーのランキングもあったんです。

で、我がヘッポコブログの「海外」でのランキングは・・・



36位 (8/28,AM1:00現在)




・・・と、いうことは、








・・・。




参照






「金玉」出たーーーっ!!

※「出ていた」が正解。





しかも何が「見えませんか?」だ。丸出しじゃねーか。



告知をした時点で、こんなへっぽこブログですから
上位の「海外」ランキングでは25位以内なんて入ってるわけはなく、
紹介文を変えた時点で、既に裸の王様よろしくモロ出しだったわけです。

いつも「海外」のランキングを見てる人は
どういう風に思ってたんでしょう?


いやほんと、ランキングを運営してるさんの寛容っぷりにも
全くもって頭が上がりません。

よくもまあこんなブログが、登録を抹消されずに生き残ってたもんです。

もしかしたら、「はじめからわかってたんじゃねーの?」
って思われる方がいらっしゃる方がいるかもしれませんが、
海外ランキングを確認したときに、ヨメに「何笑ってんの?」って
聞かれるくらいノーチェックでした。

自分でビックリ、マスターサプライズです。


まさかこんな形でセキュリティホールを突いてくるとはっ!? (違う)

しかも、【下ネタ撲滅キャンペーン】にアタックをしかけてくるとはっ!? (違う)

それなりに、下ネタ抜きの話を用意していたのに、
1週間ぽっちの公約も守れずにすいませんでした。

っていうか、1秒すら守ってないんで
公約にもなってないですが。恐るべしマニュファクチュア。




いや~、インターネットって恐ろしいですね(笑)
(違う)




おしまい。





人気blogランキングに1票

    ↑
どことなくさみしげ




下ネタ撲滅キャンペーン・




ミンスク級さん
情報提供ありがとうございました。



  1. 2005/08/28(日) 04:34:30|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

がけっぷち

【下ネタ撲滅キャンペーン中】


●2005年8月23日 00:33現在(上海時間)


  


  あぶねーーー!!!




下ネタ禁止とか自分で言っといて、いきなり丸出しするところでした。


もはや虫の息です。




下ネタ撲滅キャンペーン終了まであと
     ↓
人気blogランキングに1票




  1. 2005/08/23(火) 01:33:23|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『現金』の限界に挑戦 結果編

ども。

日本から戻ってきてけっこう落ち着いてきたので
通常通りのブログに戻ります。


全国の津々浦々の7,8名のしぶちん生活フェチの皆様、お待たせしました。
           (↑若干増えた。)

「『現金』はどこまで『現金』か!?」


いよいよ結果編です。


ルール編を見ていない方はさっぱり分かりません。


実を言うと、前回のsalem編が終ってから直ぐに始めていたんですが、
なにぶん経費削減のため、タクシーをあまり使わないもので
最後までやるのに時間がかかってしまいました。

土日もだいたいうちのヨメと一緒にタクシーに乗りますしね。

でもって、日本にも帰ってたのもあって
ルール編から結構間が開いてしまいました。


では、さっそく結果報告します。


●エンジン

正解の「現金」の中国語読みは「シエンジン」と言うので

このフレーズはぶっちゃけ簡単かと思われるかもしれませんが
中国語には四声という独特の上がり下がりがあるわけで、
ちゃんと発音しようとすると、「シエンヽ(下がる)」「ジン ̄(高い)」となります。
みなさん、日本語で「エンジン」と言ってみてください。

どうでしょう?

実は結構違いませんか?

そんな無茶なことやろうとしているんですよ? 


ならやるなって?


いや、全くもっておっしゃる通りです。


ということで、言い訳は置いといて早速報告します。


シチュエーションは会社帰りの夜8時くらい。
第1戦のターゲットの運転手は50代くらいと思しき年季の入り様。

車も悲しいかな、やっぱり年季入り。

世間話ができるほど語学力があるわけでもないので
車内では当然のように無口。

自宅のへっぽこマンションのゲートをくぐり
正面エントランスの前で停車。

この時点でメーターは初乗りの10元(約140円)。安っ。


そこで静寂を破るかのように運転手が僕に問う。


運転手「現金(シエンジン)?それともカード?」


(来た!)


車内の雰囲気が一気に静まり返る・・・。


ま、二人の会話で相手の質問に答えなければ
そりゃ静かになりますがね。


その沈黙を打ち破るように僕のファイナルアンサー。 古っ。


 僕 「・・・エンジン。」


     ・・・。






カタッ

(メーターを起こす音。)




みの「正解!!」

僕の脳裏でテラテラと黒く光るみのもんたが微笑んだ。


よっしゃっ!!


無事、10元を死守できました。

しぶちんな僕はがっちり発票(レシート)を受け取り
ほくほく顔で何も知らないヨメの待つ部屋へ帰る。


ぶっちゃけ、すっごい余裕っすね。


では、グダグダするのもアレなので、
さっそく次のフレーズへ。



●幼稚園児(ようちえんじ)

初チャレンジの2、3日後に挑みました。

今回もやっぱり会社帰り。

対戦相手の運転手は30代くらいの女性。
普段はフェミニストで有名な僕も女性だからって容赦はしません。
勝負は勝負です。


ということで、自宅のマンション前に到着。


ここで、待ってましたと運転手のキメ台詞-



運転手「発票(レシート)いる?」



!!



 僕 「・・・いる。」



そうです。

こういう聞き方をする方もいるんです。
他にもただ「現金?」とか聞かれることもたまにあるんです。

他にもタクシーに乗ったはいいが、僕自身が企画自体を忘れていたり。(致命的)


ま、そういうこともありますわな。


で、再度別の日に思い出したかのようにチャレンジ。


会社帰りで、こんかいの対戦運転手は・・・、
あ、風貌忘れちゃいました。
いつ頃だったかも忘れちゃいました。


そんなかんだで、運転手からキメ台詞-


運転手「現金(シエンジン)?それともカード?」


(来た!)


車内の雰囲気が一気に静まり返る・・・。


 僕 「じゃあ・・・、幼稚園児。」


言葉だけ聞いてるとすげーマニアックだ。
っていうか、犯罪だ。


とか思いつつ、息を呑む僕・・・。






カタッ



・・・勝ちました。


余裕ッスよ。

いやはやsalem編とは違って楽勝ですね。


ここでもやっぱレシートを抑える僕。


ちなみに、10元ぽっちのレシートを会社で清算できるかわかんないです。


ではまた続いてまいりましょう。


●塩爺(しおじい)

ぶっちゃけ、最近聞かないっすよね。
伏魔殿?
毒まんじゅう?
靖国?

・・・さて、例によって会社帰りにまたチャレンジ。
対戦者は40代くらいの眼鏡をかけた頭がさびしめの男性。

ま、頭部については、僕も進行してきた感がありますけどね。
中国に来てから。

で、ここまで負け知らずできましたが
そろそろペナルティを払うことになるだろう。

ということで、停車後に運転手から締めのお言葉-


運転手「現金(シエンジン)?それともカード?」


(来たなー)


 僕 「じゃあ、・・・塩爺(しおじい)」


日本を代表する政治家、塩爺の中国への浸透度はこれいかにっ!?(関係ない)






カタンッ!


車内に乾いた音が響く。



しゃー


もう余裕ッすね。
とりあえず「し」と「じ」が合ってますからね。


さすが世界の塩爺。


ではまた次へ。





●スージー

っていうか誰?

ぶっちゃけ、実は前回のルール編でクリップアートを使ったら
おもしろいかなーって思っただけ。
ちなみに、本当に著作権フリーなんでしょうか?


ま、ここまで無敵なんでちゃんとやりましたよ。


運転手は若いあんちゃん。

自宅のマンション前に着いて運ちゃんが問う!


運転手「現金(シエンジン)?それともカード?」


 僕 「じゃあ・・・、スージー。」


調子に乗ってる痛い日本人と若いあんちゃんが、しばし見つめあう・・・。



カタン



いけました。


ここまでくると逆にチップ上げたくなっちゃいますよね。

代わりといってはなんですが、
必要以上に、「謝謝」を言って下車しました。



●ジャッキーチェン

さあ、ここからが本番です。

今回のテーマは「現金(シエンジン)」といかにかぶらせるかで
やっているわけですが、このフレーズははっきり言ってやばいです。

「エン」が微妙にかぶってるだけです。
しかもフレーズの後ろの方で言っちゃってます。

果たして通じるのでしょうか?

ちなみに、この前は福原愛という名前を出しただけで
livedoorニュースから直リンクされるという自体が発生したのですが
その時に実はジャッキーチェンという固有名詞もニュースに含まれていました。

みなさんも、固有名詞を出すときは注意してください。

え?言われるまでもねぇ?


・・・ですよね。


そんなかんだで、もしかしたら成功するかもしれないとも思いつつ
会社帰りに対戦者を捕まえるために、さっそうと路肩で手を上げる僕。


捕まえた運転手はなんかアロハの似合う
クスリの売人っぽいようなガラの悪いおっちゃん。
声もなんだか甲高い。

っていうか大丈夫なの?とかドキドキしながら
上海タクシー名物トリッキードライビングでマンションに向かう。
いや、なんか今回は普段よりひどい。

とはいえ、なんたって今回は香港の大スターだ。
通じなくたって怒ることはないはずだ。

え?根拠?

うん、ない。

「ッ」の発音なんて中国語にないし。
ジャッキーは中国語で「成龍(チェンロン)」だし。


ドキドキしてる僕を乗せたタクシーは無事マンションに到着。

願わくば貴方に「現金かどうか」とか言って欲しくない・・・。



運転手「現金(シエンジン)?それともカード?」


 僕 「うわっ!」


甲高い声で僕に迫る-


運転手「現金?それともカードか?あぁっ?」


 僕 「じゃ、じゃあ・・・、ジャッキーチェン・・・。」



言っちゃいました。



運転手「はぁっ?わかんねーよ!」



そりゃそうですが、負けない僕-



 僕 「だからジャッキーチェンだって!」


運転手「はぁぁ??10元だよ10元!!」


柄の悪いおっさんは甲高い声を発しながら
しきりに両手の人差し指で十字を示す。

この時点でピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが
どうやら「ジャッキーチェン」の「チェン」が
中国語で金を表す「銭(チエン)」に聞こえるようで
おそらく僕が「いくらなの?」とか言っていると思っているようです。

この時点で僕もテンパってました。
もう無理だと思ったんであきらめて10元を払って下車しました。


失敗です。


がっくりしながら自宅に戻りました。



・・・あ!


ペナルティの10元払うの忘れた!




●ゼンジー北京(ペキン)

いやはや、前回はテンパッたためペナルティの存在をすっかり忘れてしまいました。
今度失敗したら必ず払います。
いや、今回はもしかしたら通じるかもしれない。
だって「ペキン」って言うし!しかもあのゼンジーだし!(やけ)

ちなみに、今回あってるのは「ジ」と「ン」だけです。
あってると言っても位置がバラバラですが。

どうなるんだろう?


ということで、今回は夜の11時過ぎだったため、深夜料金の初乗り13元でスタートです。

一杯飲んだあと、マッサージ屋に行った帰りにやってみました。
酔いと眠気と持ち前のいてまえ精神でやりのけました。


今回の対戦者は、身体もゴツくてボーズ頭の「ヤ」のつく自由業風な面持ち。
手首には、ごんぶとの数珠。見ようによっては織田無道だ。

だけど住職はのっけから不機嫌。


なんで毎回最後はコワモテなんだろう?


ということで、事務所、いやマンション前に到着。



住職「現金(シエンジン)?カード?」



ドスを聞かせた声で聞かれました。



 僕 「・・・ゼ、ゼンジー北京。」


もしかしたらこれが僕の遺言になるかもしれません。



住職「・・・。」




無言。




 僕 「すいません。現金で払います。」



今回はペナルティのことは忘れません。
むしろ好意的に運賃を多めに出す僕。


 僕 「お釣りとかいりませんから。」



住職「・・・。」



無言でお釣りを用意する住職。



 僕 「本当にお釣りはいいですからぁ。」



なんと、住職は数珠のついた手をさっと上げて
「余分には受け取れねえよ」と意思表示。

前回に引き続き最後は男前でした。
いや、男の中の男、つまり「漢」です。

「このまま北京まで連れてって欲しい-」
そんな眼をした僕に別れを告げるようにお釣りを差し出した住職は
タクシーを駆って夜の闇へ消えていきました。


上海のタクシーって素晴らしい。



           -終了-


-----------------------------------

《まとめ》

・エンジン          ○
・幼稚園児(ようちえんじ) ○
・塩爺(しおじい)      ○
・スージー          ○
・ジャッキー・チェン     ×
・ゼンジー北京       × 

            勝率 6.6割

《結論》

中国語が喋れなくても生きていける。



ということで、いかがでしたでしょうか2回目は?
また、どっかから「文章が長い」とか「企画が痛い」とか言われそうですが。

前回から1ヵ月後位経つんですが、
ぶっちゃけ書きながら2回目にしてちょっとマンネリ化したかなーとか思っちゃったんで次回は忘れた頃になんかやります。



へばまたー。




なんか「半玉」くらいまで堕ちてきちゃいましたね。
          ↓
人気blogランキングに1票


※半玉とは何ぞや?→参考





  1. 2005/08/20(土) 11:14:48|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

金玉ブログ FOREVER!

ども。

中国の環境汚染で遂に僕にも3本目の足が生えてきました。



(訂正とお詫び)
生まれつき生えている足でした。



ふうです。



ということで、本日日曜日から母国日本に1週間ほど帰ります。

前々回前回にも書いたように
既に本来の日本滞在日のうち2日を無駄に費やしていますが。



なんだかんだで、ここまで皆様のお陰でブログランキング20位以内に
ランクインすることができました。
ですが、しばらく日本に帰るため根無し草の僕は、
おそらくブログをほとんど更新できず、
25位という一つの枠から外れると考えられます。

なので、緊急企画としてランキング欄に表示してある紹介文を若干イジリます。


現在までの紹介文についてですが、
タイトルを見ればなんとなく雰囲気がわかるでしょうし、
なんか自分のブログを紹介するのも照れくさいので
今日までに色々削っていき、最終的には

25位以上 『逆セレブ リティー』
26位以下 『逆セレブ』

という形で落ち着きました。(→参照

こんな感じ。



25位を境にして2種類あるのは
今登録中のブログランキングの場合、25位以内に入ると、
上記の様にボーナスとして事前に登録してある文字が自動で追加されるからです。


僕の場合は言いたいことも特にないですが、
現在は「リティー」という文字が追加されるようにしているわけです。


で、これを利用して今回、ちょっとした悪ふざけ一人遊びを敢行します。


25位以内の場合は
『金玉 満堂=(意味:黄金や珠玉が部屋にあふれていること。)』
と表示されるようにします。

大体オチが読めてきたと思いますが、
「満堂」から後ろを追加文にしてますので、
26位以下になったら、紹介文にはもちろん

    『金玉』

としか表示されません。




どうでしょうか?


仕組みを理解していただけましたでしょうか?


別に金玉満堂は中国ではなんら恥ずかしいことではありませんし、
春節の時期になると街中、「金玉満堂」やら「金玉」やらの
日本でいうところのワイセツ看板だらけになりますしね。

また、中国語だと「金玉」だけでも、一つの単語として
『黄金や珠玉.貴重なもののたとえ』っていう意味がありますしね。

今回のタイトルもそういう誠実な意味が込められてるんですよ。
いやホントですって。(アピール)

ですが、紹介欄に「金玉」って書いてあるブログなんぞ、
おそらくランキング運営サイトの管理者は、
日本文化にどっぷりつかっている日本人ですし、
公序良俗に反するサイトとして「不適格」と判断するでしょう。

さらに、タイトル自体も「ちん」とか言ってるからもはや確信犯ですかね。

僕が管理者だったらそんな低脳サイトなんて一発削除です。


ということで、僕が日本にいる間に
ランキングで26位以下になればこのブログの登録は抹消されます!(推測)



いやはやドキドキものです。



どうでしょう?


僕が日本から帰ってくる頃には、このブログはランキングから
抹消されているんでしょうか?

それとも、ランキング管理者はウィットに富んだ中国ジョークを
理解してくれているのでしょうか?




え?

「あんた頭おかしいよ」って?


もうすでに貴重な日本滞在時間を奪われたから
どーでもよくなってるんスよ!

やってれないっスわ!!

も、いっスわー!!

へにょへにょっスわー!!


あ、日本に帰ってもチャンスがあればブログは更新しますよ。
空港でも一波乱ありそうですし。


更新の可能性はもちろん低いですが・・・。


なお、無事上海に帰ってきたら紹介文は元に戻します。


ではごきげんよう。







おしまい。(いろんな意味で)





しぶちん生活の未来は貴方が決める!
        ↓
人気blogランキングに1票
  1. 2005/08/07(日) 13:20:24|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『現金』の限界に挑戦! ルール編

ども。

全国津々浦々の6,7人の皆さんお待たせしました!
      (↑ちょっと増えた)

やってきました一人遊び企画もののコーナーです。

前回のSALEM編が割と好評だった為
いつ出そうかと迷っていましたが、そろそろ封印を解きます。
(感動のSALEM編は、こちらこちらこちらと、あとコレかな?)

っていうかいいかげんアップしないと忘れそうだったんで。


ということで・・・、

限界に挑戦シリーズ第2弾
『現金はどこまで現金か!?』


では、さっそくルール説明から。

この企画ではタイトルの通り現金の限界に迫ります。


分かりやすく言うと、ニセ札を・・・



嘘です。大嘘です!


『現金』は中国語では「シエンジン」と言います。
細かい発音の説明はかったるいからしませんが、
タクシーに乗ると会計をする際に運転手に
「『現金』か、それとも『カード』か?」
と毎回といっても良いほど聞かれます。

というのも、上海では交通カードといって
日本でいうところのJRのスイカのように
電車代、タクシー代などの交通費をデポジットできるカードがあり、
タクシーでもそのデポジットを用いて支払うことができます。

ちなみに僕は半年以上住んでますが
持ち前の貧乏性を生かし、当然のようにカードを使っておりません。


で、もし前述の様に運転手に聞かれた際に
『カード(カァ)』と答えると、
乗車の際に倒したメーターの上にカードをかざして精算されます。

『現金(シエンジン)』と答えると、
倒したメータを起こし、レシートが印刷され、
レシートと交換でお金を支払うことになります。

つまり、 運転手の問いにあるフレーズを用いて答えた際に運転手が
・メーターを起こしたら勝ち
・聞き直したら負け

です。


基本的なルールについてお分かり頂けましたか?


で、ぶっちゃけ『SALEM編』とは違い、
今回は明らかに二択です。
したがって、今回はスピード勝負です。
何が出てくるだろうとかそんな期待は出来ません。

日本のクイズ番組ミリオネアで
50:50を使った後に正解を言うようなもんです。

みのもんたが「正解!」と言うか「残念!」と言うか
そのスリルを楽しむだけです。


え?つまらない?


では、前回は「出されたものは全て買う」というペナルティをつけましたので
今回は「料金を二倍払う」ということでいかがでしょう?


運転手に怪訝な顔をされたら適当にアホな日本人を装って
「チップだ」とでも言えばよいでしょう。

あ、っていうかこんなことやってる僕がアホを装う必要ありませんね。 痛っ


ちなみに、うちの会社は出社の時に限り、
会社のへっぽこワゴンで送ってもらえますが
帰りはへっぽこワゴンがどっかに行ってしまうので
歩きかタクシーで帰らざるを得ません。

ま、歩いても20分くらいなんで、初乗りの10元しかかからないんですが、
経費削減のため 埃っぽい街中を埃にまみれて歩いて帰ってたりします。

そんなケチな野郎がペナルティを払ってまでやるんでよしとしておいて下さい。

また、上海タクシー業界に対する協力費用と言うか
「つき合わせてごめんね」という気持ちもあります。


で、例によってルールをまとめます。

---------------------------

・必ず日本語の発音で言う。

・どっちで払うか運転手が気づかないようにお金を見せない。

・わざとやってると思わせない(真顔で)。

・次の人が待っている時はやらない。

・負けたら2倍払う。

・下りる時は必ず「ありがとう」という。

---------------------------

後、細かいことを言うならばヨメや会社の方が一緒の際はやりません。
っていうかやれません。
がぜん怒られますし。

土日はヨメと一緒に乗ることが多いので
大体会社帰りにやるだろうことが予想されます。



で、続きまして今回のフレーズ発表です。


●エンジン

キムタクの活躍からまだ間もないだけに
第1戦を飾るにふさわしい。

 
●幼稚園児(ようちえんじ)

そこそこいい年こいたおっさんが言うからこそ趣き深い。


●塩爺(しおじい)

本シリーズ初の政界からの参加。
日本を騒がせたあの塩爺が今度は中国に進出か!?
それとも僕自身が社会から抹消か!?


●スージー(マイクロソフトのオブジェクト?)

人名。
誰のことだかわからないが、ワードのクリップアートの人っぽい。
著作権フリー。


●ジャッキー・チェン

言わずもがなの香港の大スター。
中国名は『成龍』。
きっとタクシーの運ちゃんも思わず微笑むことうけあい!


●ゼンジー北京

中国は広島生まれの種も仕掛けもある人。



ということで、スピード勝負の今回は前回よりフレーズを増やしてみました。


どうでしょう?


なんか、結果編の文字数がすごいことになりそうな予感ですね。



ま、暇な時にでも読んでください。





へばまた。




結果編を見たいと言う方はこちら
      ↓
人気blogランキングに1票


  1. 2005/08/04(木) 22:53:35|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『限界に挑戦』新シリーズ!

ども。

好評(?)だった、『「salem」はどこまで「salem」か?』編に引き続き、
新たに挑戦モノを始めてみました。



当ブログ初の経済企画、その名も・・・

『スーパーディーラーK』


私の様に中国にいながらにして、日本円で給料を振り込まれている
駐在員の方は非常に多いと認識しております。

日本円で給料を振り込まれているということは、
つまり「レートの上がり下がり=給料の上がり下がり」
と言っても過言ではありません。

私が上海に赴任した2005年1月は、
1万円で約800元に換金できませんでしが、
私が初めて上海に出張で来た2003年中頃などは、
1万円で700元にも満たなかったのです。

日本円の価値は10%以上の上下しているのである。

簡単に言うと、換金の時期を一歩間違えば、
100万円につき、10万円以上の損をしてしまうのです!

また、近いうちに
「元の切り上げ→日本円の価値が下がる」
という噂もあります。

同様の旦那様を持つ奥様方にとっても
この問題は非常に無視できない内容だとお伝えしたい!


さらには、元の切り上げが6月に起こるという噂もあったことから、
私自身、緊急的に5月に日本から円を中国の口座に送金し、
一斉換金の適正時期を、秘密裏に予測していたのだ!

そのセンセーショナルな予測を
次々と打ち立てていく・・・、
その企画こそ『スーパーディーラーK』なのだ!


そこで、以下より、私ことスーパーディーラーKが、
2005年5月末時点で打ち立てた為替変動予測を公表する!



注)本人は全くもって理系の人間で
 仕事も技術系ですから、為替についてはズブの素人です。
 本職の方はすっ飛ばしちゃって下さい。




まずは、以下のグラフをご覧頂きたい。
これは年明けから予測を立てた5月末までの
中国銀行発表の人民元買いのレートである。

なお、左軸は「100円で交換できる人民元」であり、
簡単に言うとこの数字が多ければ多いほど
換金した時に得をするのだ。





このままだとイメージがつかみづらいので、
「前後の数ヶ月との平均=移動平均」の線を引く。
(グラフ中の黒い太線を参照)





これで動きがなめらかになり、推移が分かりやすくなる。


さらに、長期的な上がり下がりを見るために
最小二乗法により、「この曲線に最も近い直線」を引く。
(グラフ中の赤い太線を参照)




この操作により日本円が下がるだろうことが予想される。

また、この近似直線を中心に交互に上がり下がりしていることがわかる。



そして、この直線から平行に、
為替の動きの「上限と下限の直線」を引く。
(グラフ中の黄緑の線を参照)




しばらくはこの範囲内で上下するはずである。




そして、このグラフを見て私はあることに気が付いた!

脳天を電撃が突き抜けたかのような衝撃だ!


なんと、2カ月おきに好レートが訪れるのである。
(グラフ中の赤丸参照)





ということは2005年5月10日頃にも好レート期が訪れたということは
一旦6月中ごろには落ち込むものの、
次の2ヵ月後、つまり7月10日頃にも
もう一度ビッグウェーブが来るはずである!


これはもう天才としか言い様が無いっ。


私には神の見えざる手が見えるっ。


その瞬間、確かに私は神と握手したのだ!


この時に大量換金するしかない!


ということで、打ち立てた予測は以下の通りだ!














では、スーパーディーラーKが、密かに5月末に立てた予測レートと
現在までの実際レートとの検証を行う!






























『スーパーディーラーK』・完






本人とは裏腹に、愉快な気持ちになったら-
        ↓
人気blogランキングに1票

別にランキングが上がったところで金なんて入りませんけどねっ
  1. 2005/07/12(火) 20:55:50|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Salem」はどこまで「Salem」か?結果編

2回に渡って引っ張ってきましたが、ついに決着!
中国の方とのコミュニケーションを深める感動巨編!
全米が泣いた一大スペクタクル!
上海のリアルを描く、血と汗と汗と汗のストーリー!(当日暑かっただけ)

長くなるのでこれまでのあらすじは
こちらこちらとついでにランキも・・・。
※これらの内容を知ってないとさっぱり分かりません。



●サーモン

あまり行かない家の近くの、
どローカルコンビニ「好徳(all-days)」で試すことに決定。

いやほんと、中国でこんなに緊張したのは初めてでした。

正直言ってこのフレーズは「かませ犬」としか思っていませんでした。
普通に「はいよー」とか言ってモノが出てくるんだろう。
ま、一発目だしね。

缶コーヒーをレジに持っていき、
当たり前かのような顔をしてレジのおばちゃんに一言。


  僕  「あとねー、サーモンちょうだい。」

おばちゃん「ハ?」



      !?



  僕  「サーモン。」

おばちゃん「ハ?」




  僕  「サーモン。」

おばちゃん「ハ?」




  僕  「サーモン。」

おばちゃん「ハ?」







  僕  「・・・サーロン。」 

おばちゃん「1箱でいいの?」

  僕  「・・・うん。・・・ありがとう。」


すいません、負けました。
思いっきり上海語発音で言っちゃいました。
だって、おばちゃん全然笑顔がないんだもん。
デジャヴみたいな反復リアクションで
飲み込まれそうだったんだもん!

さらに今さら北京語で「シャーロン」とは言えなかった!
目からコロスゾって伝わってきたもん。無理無理無理っ!


このフレーズが「かませ犬」どころか、僕自身が「負け犬」でした。
のっけからアホな企画を告知したことを後悔。



●サーロイン

凹み気味で臨んだ第二戦。
別のローカルコンビニ「快客(QUICK)」に行ってみた。
このフレーズは正解フレーズに「イ」を加えただけだからきっと大丈夫なはず。
何も問題はない。中国語で言うところのモウマンタイだ。  ←違う

今回のターゲットは恰幅のいいあねご。
たぶん同い年くらいだろう。

で、例によって缶コーヒーを持って行き一言。



 僕 「あとね、サーロインちょうだい。」

あねご「へ?」



 僕 「・・・サーロイン。」

あねご「・・・。」


(やばい、前回のパターンか?ぶっちゃけ、文字数違うしっ)



あねご、顔が明るくなりポンと手をたたく。


あねご「あーー、沙龍(サーロン)ねっ♪はいどうぞ。」





・・・買えちゃった!!!。




 僕 「ありがとー、じゃーねー♪」

あねご「さよならー♪」



お礼を言って店を出る。


やばい、うれしくってテンションがあがりまくりだ。
いい人はやはりいるものである。





●セーラームーン

ぶっちゃけ、最初はコンビニで「セーラムちょうだい」って言ってた頃もあったんですよ。
いけるっ、今回もいけるっ。さっきの勢いのまま余裕しゃくしゃくで
次の、どローカルコンビニ「可的(KEDI)」に行く。

今回のターゲットはまたおばちゃん。
しかし今度は二人組み。
アホな日本人のクレイジーオーダーでも、二人で考えてくれるはず。



  僕   「セーラームーンちょうだい。」

おばちゃんA「はぁ?」


  僕   「セーラームーン。」

おばちゃんA「???」
おばちゃんB「○▼□☆・・・」


二人で相談してるが上海語なので聞き取れない。


おばちゃんA「何だって?」

  僕   「セーラームーン。」


さっきの件で調子付いたので決して"ムーン"を弱めた言い方をしない。


おばちゃんB「3箱の5?(サンバ-,ウー?)」


  僕   「違う違う、セーラームーン。」


日本人観光客が見たら完全にクレイジーなやつだと思うだろう。
というか、実際クレイジーだし。

やばいっ別の客がレジに来た!
白いランニング&白い短パンのお父さんだ。
袋入りの豆乳のようなものを買おうとしていた。
どうしても飲みたいらしく、既に袋を開けている。


お父さん  「どうした?」

おばちゃんA「何言ってるかわかんないのよ。」


お父さんも袋入り豆乳も飲みながら参戦。
顔は平静としてるが心の中は罪悪感でいっぱいだ。
ごめんなさい、アホ企画につき合わせて。


お父さん  「アレじゃないか?」


お父さんの持ってる袋入り豆乳からも濃厚な豆乳がボタボタ落ちてる。
レジを高濃度の白い液体に染めてくおっさんを見て僕の焦りも最骨頂。
変な汗が出てくる。
すぐ目の前に目的のセーラムがあるけど言えないのがつらい。


おばちゃんA「これかい?」


おばちゃんが商品を差し出した。
公約通り出されたものは全て買うしかない。


  僕   「そうそう♪」


笑顔でご購入。


  僕   「ありがとうー、さようならー」


おばちゃんA「さよなら・・・」


見送るおばちゃんもどうにも腑に落ちていない様子。


購入したもの
  ↓


  
マイルドセブン



・・・はい、失敗です。


マイルドセブン
セーラームーン

「ブン」と「ムーン」がなんとなく似ている。


けど、どうせならスーパーライトがよかった・・・。

マルボロ吸ってる上司に売りつけよう。



予想以上に人を巻き込んだため、自責の念に駆られて次の店へ。




●シャロンストーン

これはセーラムの北京語「シャーロン」に最も近いんですよ。
実はこれが本命なわけですよ。
というかストーンがなければほぼ正解ですし。
買いたいなら余計な言葉つけるなよって話ですけどね。

ちなみに、先週の土曜日の昼頃にやってたんですが
いい加減、本ッッッッ当に暑い。
由美かおるもほんのり桜色だ。 ←?


汗だくで入った次の店は、また「好徳(all-days)」。
"また"といっても別の支店。公約は守る男。

今回のターゲットは、男。おそらく10代後半。
渋谷あたりにいてもおかしくない風貌の青年。
身長も173cmくらいある僕よりデカく、ガタイも良い。
キレやすい日本の現代っ子を感じさせるものがある。

なんか学生の頃に家庭教師をしてた時の
教え子(ヤンキー)のマナブに感じが似てた。
ここだけの話、裁判所のお世話になったこともある。
あ、ヤンキーだけどマナブっていう名前だ
ということにはつっこまないでください。


例によってコーヒーを持っていって一言。


 僕 「あとねー、シャロンストーン」

マナブ「・・・?。」





     






・・・変な間ができた。


明らかにマナブの頭の中が「?」なのが見て取れた。

あ!若い子だったらシャロンストーンくらい知ってるかっ!?

僕は男子高校に通ってたんですが、教室のビデオでみんなで
氷の微笑のワンシーンをコマ送りにして見た記憶がある・・・。


しまった!中国青年の青い欲望を甘く見ていたっ!企画中断かっ!?

さらに勇気を振り絞って-


 僕 「・・・シャ、シャロンストーン。」


意地でも決して北京語特有の巻き舌の「sha(シャ)」の発音はしない。
"ストーン"も弱く言ったりはしない。
きっと僕らはまた通じ合えるんだっ!


すると、無口なその青年は、セーラムを指さした。


マナブ「・・・これ?」


 僕 「そうそうそうっ!!」


マナブ「・・・。」


完全に納得がいっていない顔だ。

そりゃ”ストーン”は関係ないもん。当然だ。



 僕 「ありがとう。さようならー。」


マナブ「・・・。」


ありがとうマナブ・・・。

望郷の念に駆られた。


そういえばマナブ、高校受かった後にどうなったんだろ。
まさか今、元家庭教師が上海でアホブログ書いてるとは
思ってないだろうなー・・・。





●左門豊作 (サモンホウサク)

遂にファイナル!

っていうか、これはもう絶対無理っ!
っていうか、しょっぱな"サーモン"で失敗してるしっ。
もう最後だしどうでもいいやーってな感じで
敗戦覚悟で行ってみました。男気あふれるね。漢だねっ。

ということで、炎天下の下、歩くこと10分。
次のどローカルコンビニ「可的(KEDI)」に到着。
すでに半そでシャツは汗でビタビタだ。


ターゲットは、おやじ。スマイル皆無。

日に焼けてて頑固そうだ。
「娘さんを下さい」とか言ったら絶対殴られそうだ。
中国にちゃぶ台があったら絶対ひっくり返すタイプだ。


今回はさすがにフレーズが厳しく迷惑度が高いと思ったので
一緒にウーロン茶(無糖)1.5リットルも付けてみました。


汗だくで一言。


 僕  「あとねー、左門豊作ちょうだい。左門豊作。」


最後だし、フレーズを完全に日本語で言い切った。
汗をダラダラ流したやつが、
真っ昼間におっさんに何を言ってるのだ。

はたから見れば完全にマニアだ。というかあっちの世界の住人だ。

買うも漢、売るも漢、商品も漢だ。

店内に妖しい空気が漂う。男の園だ。

すると、おやじ-


おやじ「おう、これか?」


さすが昔かたぎの頑固親父だけに判断が早い。


日本にいるホモのまーくん(華奢)なら
よだれを垂らして喜びそうなシチュエーションだ。


で、買ったのがこれ。










中南海(ジョンナンハイ)




うん、いいと思う。

文字数が違うとか、「ン」しかあってないとかそういう問題じゃないよね。


 僕 「ありがとう」

おやじ「どういたしまして」


初めてお礼の返事を言われた。
高倉健バリの言い方だった。


ん?高倉健?



ということで全て終了。



終わった・・・。全て終わった・・・。


中国との距離がすごく近くなった気がした-

--------------------------------------------------------------


《まとめ》



・サーモン      ×
・サーロイン     ○
・セーラームーン  ×
・シャロンストーン ○
・左門豊作     ×

             勝率4割




《結論》



買えたらうれしい。





・・・そんな結びでいいのか?


ぶっちゃけ正確なデータをとるとかそういう目的じゃないんで、
1フレーズにつき何回もやったりはしてないですよ、もちろん。

あと、「タバコの○○ちょうだい。」とは言ってないのに
必ずタバコが出てきたのが以外です。
レジで汚い男が、なんかちょうだいって言ったら相場が決まってるもんなのでしょうか?

なんかフィーリングなんですが、カップクが良くなればなるほど通じる(=人がいい)ような気がしました。
明らかに「だめだーっ」て感じたのは痩せ型の40,50台くらいの女性。

今後、街中で誰かにものを尋ねる時には、
カップクがいい人に尋ねると親切にしてもらえるかもしれませんね。
このブログで初めて役に立ちそうなことを言えました。




《後記》

ということで、挑戦シリーズ・ファーストシーズンが終りましたが、
実は性懲りもなくセカンドシーズンも検討してます。

引っ張ったわりにおもろなーいとか言われても
本人がおもろかったのでやります。
そのうちブログで告知を垂れ流すのでよろしくお願いします。




おしまい。




このブログを見て元気が出たらこちら
    ↓
人気blogランキングに1票
  1. 2005/07/08(金) 21:40:38|
  2. 限界に挑戦シリーズ★好評
次のページ

【注意】
 当ブログは、転載、引用、
 リンク、紹介等について基
 本的に自由ですが、第三者
 がどす黒い気持ちにならな
 い程度、かつ法律に触れな
 い程度にやって下さい。
 スパムTBは勘弁して下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。